« 美ら海のなかまたち50 | トップページ | マーナ »

2018年2月 8日 (木)

ミカ、いちまでぃん

2018020873

2018年2月8日 小潮

あたたかな陽射しを浴びて、気持ちよさそうにしているのは、
アオウミガメの「ミカ」。
2005年からずっと阿真ビーチに住み着いていた常連さんです。

ちょっと変わった子で、海草の根っこが大好き。
海底を掘るので、自分で砂をかぶって、いつもよごれっこ。
息つぎにしても、
普通、みんな警戒して、できるだけすばやくすませるのに、
まったりプカプカ浮かびながら、
水中にぷくぷく気泡を出すのが、いつものクセです。

寒い日には特に、
ひなたぼっこするかのように、のんびりプカプカしていました。

冷え切った体には、太陽の陽射しがありがたい。
変温動物のウミガメなら、なおさらのこと。
恒温動物の自分たちですら、
水温の低さにガタガタ震える体で撮影しながら、
雲から太陽が顔を出すたびに、
そのあたたかさの恵みを改めて実感します。
すべてを等しく照らし、
本来の色を輝かせるその光の魔法とともに。

そんなささやかなしあわせを、
ウミガメたちと共有できるこの島の自然は、
なんて豊かなんだろうと思います。
それも、ミカが教えてくれたことでした。

この冬は、海が荒れて寒い日が多い座間味島ですが、
今日は久しぶりに、晴れ間が出て、気持ちよかったです。

ミカがいなくなってから、ちょうど一年。
季節はめぐり、ビーチ周辺では、
黄色い花のハマカブラや、白い花のシマアザミが、
春を招くように、咲きはじめています。
一時は全滅が心配された希少種ハマボウフウも
砂の中から花芽をのぞかせました。
そこに蝶が舞い、鳥たちも羽を休めにやってきます。
ビーチ保全活動の成果が少しずつ実を結んできて、うれしいです。
海辺では、アーサなどの緑の藻たちが広がりはじめました。

ミカが大好きだったこの阿真ビーチの自然が、
いつまでも、未来へと続いていくよう、
これからも地道にがんばろうと、誓いを新たにした今日でした。

ありがとう、ミカ。
いちまでぃん...

阿真ビーチ自然観察ガイドより
P24「ありがとうミカ」

« 美ら海のなかまたち50 | トップページ | マーナ »

ウミガメ」カテゴリの記事

環境保全活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミカ、いちまでぃん:

« 美ら海のなかまたち50 | トップページ | マーナ »