2018年8月10日 (金)

受け継ぐ思い

「座間味浄水場建設予定地の変更を求める会」が発足し、その後の報告です。

さっそく、事務局でドタバタと陳情書を作成し、
8月5日付で、県知事と県議会議長宛に送りました。
翌6日には、県議会土木環境委員の12名の県議にも、
議長宛の陳情書の複写を送り、議会で取り上げていただくよう、お願いしました。

(陳情書原本コピーなど詳しい資料は、
こちらからダウンロードしてご覧いただけます。
 → http://www.umima-ru.com/josuijo.html
 ページ後半部分です。)
 
8月7日には、
別件の用事で、県議会総務企画委員会の県議団が島へ来られたのですが、
この機を逃すわけにはいかないと、会のメンバーで港で出迎え、
会長から委員長に陳情書を手渡し、
「島のかけがえのない自然と観光地、島人の心が守られるよう、
どうか、お力添えをお願いします」と直訴しました。
その場で、国内外から寄せられた3000あまりの署名やメッセージも見てもらいました。
すると、視察予定になかった建設予定地の「阿真キャンプ場」と
「港湾テニスコート」も視察されたので、会のメンバーで説明を行いました。
帰りのフェリーの時間が迫っていたため、
ダム下流域の候補地までは、残念ながら視察できませんでしたが、
県議さんたちは、「阿真キャンプ場はどう考えてもおかしい、
代替案のダム下流域が一番適しているように思う」と、口々に言われました。
しかし、その議員さんたちは総務企画委員で、
実際には土木環境委員の方たちに考えてもらわなければならない事案らしいので、
確実に、9月議会の議題に上げていただけるためにはどうすればいいかなど、
昨夜、「予定地の変更を求める会」の第2回集会(住民会議)を開き、
今後の動きを話し合いました。
みんなで力を合わせて、もっと県や村、各団体へ働きかけていく予定です。


そんな中...
命をかけて、沖縄の自然とウチナーンチュの心を守ってきた人が、
亡くなってしまいました。
今の沖縄にとって、不可欠なリーダーを失ってしまいました。
今回の浄水場のことも、知事まで声が届けば、
見直してもらえるはずだと、信じていました。
その夜は、悲しみでいっぱいでした。
でも、悲しみにくれてあきらめてしまっては、
それこそ、翁長知事は浮かばれないと思います。
今こそ、自分たち一人ひとりが、それぞれ強い意志を持って、一丸となり、
命をかけた知事の思いも、引き継いでいかなければと思っています。
そして、この阿真の地も、必死に守ってきてくれた先人たちがいます。
時には、うるさいとか頑固だとか言われながらも、

それでも、「自然は島の宝。子や孫に残してやりたい」と体を張って、
島の宝を守ってきてくれました。
それだからこそ、今の阿真の自然があります。
その思いを、大事に受け継いでいきたい。未来につなげていきたいです。


署名は、9月議会の直前に県議会に提出する予定です。
まだまだ募っていますので、
もしよろしければ、さらにご友人や知人の方に拡散していただけるとありがたいです。
みなさんから寄せられた思いは、メッセージ集としてまとめ、
訴えに添えさせていただこうと思っています。
寄せられたメッセージを拝見すると、
こんなにも、この星の自然、阿真の自然を大切に思っている人がいることと、
その思いの深さに感動し、力をもらっています。
観光客のみなさんにも守られてきた自然なんだと実感しています。
ともに、未来へつなげていきましょう。



★ネット署名のHP:https://peraichi.com/landing_pages/view/7vlb1

★うみまーるの浄水場のページ:http://www.umima-ru.com/josuijo.html
 (少しずつ更新しています)

2018年8月 3日 (金)

浄水場の住民説明会

応援してくださっているみなさま、報告が遅くなり、ご心配かけて、すみません。

8月1日の説明会は、みんなで探した代替案を一生懸命説明したり、
港湾の使われていないテニスコート場を再度検討してもらえないかなど、
多くの住民が見直しを求めて声をあげ、3時間以上かけて、議論したのですが、
県は、「阿真キャンプ場」での建設の姿勢を崩さず、
事業は、強行されることになりました。

鳥、ウミガメ、サンゴの専門家から「自然への影響はほとんどない」というコメントをもらった、
排水先を見直すことも検討しているという説明もありましたが、
そう言って行われた過去の工事のほとんどが、その後、自然への影響があり、
そもそも、そういう心配のある大事な場所での開発は避けるべきです。

こんなにも多くの住民が見直しをお願いしているのに、代替地まで探しているのに、
なぜ、ここまで「阿真キャンプ場」にこだわるのか。
何か住民に知らされていない事情があるのではないかという疑念の声も上がりました。
住民のほとんどが納得できません。
あきらめたくない。
かけがえのない、この島の宝、地球の宝を絶対に守りたいです。

説明会の後、住民は会場に残って話し合い、
「座間味浄水場建設予定地の変更を求める会(仮)」を立ち上げ、
県に陳情していくことになりました。
ちょうど8月7日に島に県議団が視察に訪れるという情報が入り、
それに向けて、陳情書など用意しようと、ドタバタとがんばっています。
その作業に追われ、十分なご報告ができず、本当に申し訳ありません。
まずはそこに向けて、がんばります。

署名も引き続き、受け付けていますので、
みなさまのお力をどうか貸してください。
引き続き、どうぞよろしくお願いします!

★ネット署名のHP:https://peraichi.com/landing_pages/view/7vlb1

★うみまーるの浄水場のページ:http://www.umima-ru.com/josuijo.html
 (少しずつ更新しています)

2018年7月20日 (金)

阿真ビーチの危機

0928ecc17cap
2018年7月20日・小潮

国立公園・ケラマ

「ウミガメに会えるビーチ」がピンチ!


座間味島の西側にある阿真ビーチは、
浅瀬には海草が生え、沖は豊かなサンゴ礁が広がり、
色鮮やかなサンゴや魚、ウミガメたちがのんびり暮らす自然のままの、貴重でしあわせな海。
ちょっと海に入れば、気軽にウミガメと会える奇跡のビーチです。
そんな出会いや癒しを求めて、国内外から観光客が訪れ、
ウミガメとの再会を楽しみに毎年通ってくる常連客も多く、
沖のサンゴ礁では、たくさんのダイバーが潜り、その感動を共有しています。

しかし、今、その阿真ビーチのすぐ近くで、
浄水場建設など様々な開発計画が持ち上がっていて、
そのかけがえのない自然が壊れてしまうのではないかと心配しています。

浄水場は、阿真ビーチに隣接するキャンプ場内の「多目的広場」に造られる予定です。
その広場は、広々とした開放的な緑の草原で、
セイタカシギやヤツガシラ、アマサギの群れなどの旅鳥が羽を休め、
国内最大の蝶オオゴマダラなどがふわふわと舞い、
銀緑色の葉が香しいハマゴウや花輪のようにかわいらしい白い花をつけるハマボッスなど、
牧歌的な島の風景とやさしい自然をのんびり楽しめる場所です。

その場所に今、これまでにないものが仮置きしてあるのですが、
それだけでも、「あれは何ですか?」「違和感がある」「阿真の雰囲気壊れる」と
ビーチクリーンのたびに、観光客のみなさんから、声を掛けられます。
特に、この地を故郷のように毎年通ってこられる常連さんは、とても残念がっています。
ましては、浄水場のような大きな建物が建ったら、みなさんどういう気持ちになるでしょうか。

また、浄水場からの排水予定先は、阿真ビーチに注ぐ川の河口なのですが、
「ウフグシ」と呼ばれるそこは、一般的な河口と違っています。
ほぼ一年中、河口には、自然に砂が堆積して川を堰き止めているため、
上流から流れてきた富栄養化した茶色い水は、常に砂でろ過され、
海へ浸み出るまでには、透明できれいな地下水となって、海底から湧き出ています。
この堆積した砂にろ過され、水質が良くなった地下水と適度な栄養が、
阿真ビーチの海草やサンゴを育て、ウミガメや魚たちを育み、ケラマブルーを保っているのです。

ただ、年に2,3回、台風などの増水時には、
河口の砂が決壊し、茶色い川の水が直接流れ込みます。
すると、海の水が富栄養化して、河口近くの海底はすぐに褐色の藻類に覆われます。
繁茂した藻は、海草やサンゴをどんどん覆い尽くしていきますが、
台風が去れば、
いつも一週間程度でまた河口に砂が堆積し、川の水が堰き止められるので、
藻類は減退し、海草やサンゴが元気に復活します。
その間に、上流では淀みもなくなり、この時をチャンスとオオウナギの稚魚も遡上します。
そうやって、ケラマブルーの海と、森の中をつたう川の自然が保たれているのです。
それは、絶妙な自然のバランスが生み出したかけがえのない産物で、
人の手では到底作り出せない奇跡の自然作用です。

しかし、そこへ浄水場から毎日90トンの排水が流されることになると、河口は常に開かれ、
茶色い川の水はそのまま海へ注ぐことになり、このバランスは大きく崩れることになります。
このままでは、ケラマブルーの海も、すくすく育つサンゴや魚たちにも、
無邪気に海草をはむウミガメたちにも、会えなくなってしまうかもしれないのです。
(詳しくは、『阿真ビーチ自然観察ガイドVol.5』P.47〜48)


一度こわれた自然を取り戻すのは難しいです。
自然は、人間が作れるものではないし、お金で買えるものでもないです。

今の状態の阿真の自然に、
住民も観光客も、どれほどたくさんの恵みや癒しをもらっていることか...。
島の宝であり、地球の宝だと思っています。
だから、守りたいです。

住民はみな、決して浄水場建設の反対はしていません。
ただ、場所を見直してほしいとお願いしているのです。
 
 
島の若者たちが、今回の問題を分かりやすくまとめたHPを作ってくれたので、
ご覧ください。
★こちらをクリック→【ウミガメに逢えるビーチを守るために浄水場建設予定地の変更を!!】

また、住民向けに作った資料と新聞記事を添付します。

★第1回説明会内容とその後の動きを知りたい方
 →「第2回浄水場説明会に参加しましょう.pdf」をダウンロード

★新聞記事→https://ryukyushimpo.jp/news/entry-764433.html
(※記事の中で説明会3回目というのは、隣の阿嘉島で4月に行われた説明会を合わせて、
  村内で3回目ということで、阿嘉島は島が違うので、建設内容は別になります。
  座間味島の説明会は2回目となります。)

このブログには軽いデータのものしかアップできなかったので、
もっと詳しく知りたい方は、下記のホームページから資料をダウンロードしてご覧ください。
http://www.umima-ru.com/josuijo.html
このブログと同じ文面で、下の方に資料を添付しています。

7月19日に予定されていた第2回説明会は、
台風の影響が予想されるとのことで、急きょ延期となりました。
次回の日程は、まだ決まっていませんが、
計画を急ぐ県企業局は、
台風明けすぐにでも説明会を開催し、事業を進める方向で調整しているそうです。
→【8月1日18:30〜座間味村離島振興総合センターにて】開催予定となりました。

阿真ビーチファン、ウミガメファン、そして地球の自然を愛するみなさん、
ぜひ、沖縄県企業局へメッセージを送ってください。


Photo


そして、もしよければ、こちらにも思いを寄せていただけませんか?
企業局へのご意見をコピペでも、大歓迎です!
★ご意見やメッセージ送り先:info@umima-ru.com
みなさんからのメッセージを綴って、県など関係各所へ届けたいと思っています。
匿名ご希望の方は、お住いの都道府県と年齢(〇〇県/〇〇代)を添えてください。
よろしくお願いします。

※手書きの署名やメッセージは下記へお送りください。
 
 【送り先】
 〒901-3403 沖縄県島尻郡座間味村阿真150
 プチギャラリーうみまーる宛
 
 着払いで送っていただくか、元払いの場合には、同等の切手を返送させていただきます。
 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。



「世界が恋する海」座間味の自然を、どうか救ってください!

 

2018年3月 8日 (木)

ヤールーのトンボ玉

20180308

2018年3月8日・中潮

KINDONの誕生日に、素敵なトンボ玉が届きました。
作者はKINDONの大学時代の先輩・植田正恵さんです。
「海抱ヤールー」という作品名で、
青い海の中をクラゲが泳いでいるトンボ玉に
ヤールー(ヤモリ)の子どもがはりついているみたいです。
ガラス窓もスイスイ登れるヤールーの丸っこい指先が
うまく表現されていて、とてもかわいいですよ。
背中には、うみまーるのククルマークも入った特製品です。

正恵さんは、冬はトンボ玉作家、
4月からはダイビングインストラクターとして活動されてますので、
今の時期は、いっぱい新作ができている頃です。
ウミガメをはじめ、ハリセンボンやミナミハコフグ、
テングカワハギに、ウミウシ各種、
果てはパンダダルマハゼなどのレアな生きものまで、
ガイドダイバーならではの、いろんな海の生きものの作品があります。

正恵さんのトンボ玉については、
海と島の雑貨屋さんのとんぼ玉のコーナーをご覧ください。
http://www.croissant-island.com/tonbo/tonbodama.html

2018年2月26日 (月)

マーナ

20180225a

2018年2月26日・若潮

座間味も、今年の冬はとても寒かったのですが、
2月も後半になって、やっと暖かい日が続いています。

阿真ビーチでは、マーナ(ハマカブラ)が満開です。
その名のとおり、浜に生える菜の花の仲間で、
方言名のマーナは、漢字で書くと「真菜」で、
本当の野菜=野菜としておいしく食べられる
という意味だそうです。

内地のアブラナより少し香ばしく、
ゴマ油のような風味がします。

自分たちが座間味に住み始めた頃は
阿真ビーチにたくさん咲いていたので、
冬の季節に1、2度は、
花芽や若葉を摘んで、おいしくいただけたものでしたが、
外来植物が増える一方で、年々少なくなってしまいました。

そこで、マーナも守っていこうと
昨年から、マーナ周辺の外来植物駆除もがんばっていました。
毎週日曜日の午後に、
海岸植物の保全活動を行っているのですが、
1~2月は、8回行って、
合計159kgの外来植物を駆除しました。

その甲斐あってか、まだまだ数は少ないながらも、
あたたかな黄色の花びらをいっぱいにほころばせて、
冬の海を明るく彩ってくれています。

来年は、もっといっぱいマーナが咲いてくれますように。
冬の旬の味として、また少し頂けるくらいに増えてくれるといいな。

2018年2月 8日 (木)

ミカ、いちまでぃん

2018020873

2018年2月8日 小潮

あたたかな陽射しを浴びて、気持ちよさそうにしているのは、
アオウミガメの「ミカ」。
2005年からずっと阿真ビーチに住み着いていた常連さんです。

ちょっと変わった子で、海草の根っこが大好き。
海底を掘るので、自分で砂をかぶって、いつもよごれっこ。
息つぎにしても、
普通、みんな警戒して、できるだけすばやくすませるのに、
まったりプカプカ浮かびながら、
水中にぷくぷく気泡を出すのが、いつものクセです。

寒い日には特に、
ひなたぼっこするかのように、のんびりプカプカしていました。

冷え切った体には、太陽の陽射しがありがたい。
変温動物のウミガメなら、なおさらのこと。
恒温動物の自分たちですら、
水温の低さにガタガタ震える体で撮影しながら、
雲から太陽が顔を出すたびに、
そのあたたかさの恵みを改めて実感します。
すべてを等しく照らし、
本来の色を輝かせるその光の魔法とともに。

そんなささやかなしあわせを、
ウミガメたちと共有できるこの島の自然は、
なんて豊かなんだろうと思います。
それも、ミカが教えてくれたことでした。

この冬は、海が荒れて寒い日が多い座間味島ですが、
今日は久しぶりに、晴れ間が出て、気持ちよかったです。

ミカがいなくなってから、ちょうど一年。
季節はめぐり、ビーチ周辺では、
黄色い花のハマカブラや、白い花のシマアザミが、
春を招くように、咲きはじめています。
一時は全滅が心配された希少種ハマボウフウも
砂の中から花芽をのぞかせました。
そこに蝶が舞い、鳥たちも羽を休めにやってきます。
ビーチ保全活動の成果が少しずつ実を結んできて、うれしいです。
海辺では、アーサなどの緑の藻たちが広がりはじめました。

ミカが大好きだったこの阿真ビーチの自然が、
いつまでも、未来へと続いていくよう、
これからも地道にがんばろうと、誓いを新たにした今日でした。

ありがとう、ミカ。
いちまでぃん...

阿真ビーチ自然観察ガイドより
P24「ありがとうミカ」

2018年2月 7日 (水)

美ら海のなかまたち50

20180207

2018年2月7日・小潮

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海の仲間たち」の第50回(2月)は、
与那国島のアカシュモクザメです。

ハンマーヘッドシャークと呼ばれ、
ダイバーにも人気のあるアカシュモクザメの
海の中での様子や生態を紹介しています。

2018年1月22日 (月)

美ら海の仲間たち49

20180122

2018年1月22日・中潮

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海の仲間たち」の第49回(1月)は、
ハマクマノミです。
赤黒くてたくましいメスと、
明るいオレンジ色でかわいらしいオスの
微笑ましい夫婦ぶりを紹介しています。

2018年1月 8日 (月)

ビーチクリーンのともだち

20180108a

2018年1月8日・小潮

毎朝のビーチクリーンで、いつも会うのがイソシギです。
ゴミを探しながら歩いている自分らの10mほど先を、
お尻をフリフリ、チョコチョコと歩きながら、食べ物を探しています。
「おはよう。今日は寒いね。」などと声をかけながら、
一緒にビーチを歩いています。

冬は北風が多いので、南に面した阿真ビーチはゴミが少ないです。
今年に入ってビーチクリーンは、雨の日をのぞいて7回しましたが、
拾ったゴミの合計は、1.41kgだけです。
ゴミがほとんどなくて、気持ちがいいです。

でも、注意深くよく探すと、波打ち際には、
海から流れ着いた小さなプラスチックのかけらが見つかります。

プラスチックには、環境ホルモンなど有害化学物質が含まれていることは、
よく知られていますが、
海を漂ううちに、海水中の汚染物質も引き付けて濃縮されているそうです。
さらに、プラスチックは劣化すると、ボロボロに砕けてしまって、
ビーチクリーンで効率よく拾えず、一番の厄介者です。
5mm以下になったものはマイクロプラスチックと呼ばれ、問題視されています。

オーストラリアの研究チームが2015年に発表したデータでは、
186種もの海鳥を調べた結果、そのおよそ9割が、
プラスチックを食べ物と間違えて、飲み込んでしまっているそうです。
プラスチックは胃の中に蓄積され、彼らの命をおびやかしています。

ゴミが少ない日には、
特に目を凝らして、頭をフリフリ、
小さなプラスチック片を拾うのに、精を出しています。

2018年1月 2日 (火)

ふぐわらい

20180101c

2018年1月1日・大潮

新しい年のはじまりは、朝から良い天気でした。
初日の出を阿真ビーチに見に行って、
そのまま、ビーチクリーンをして、
その後、イビヌメー(海の神様)にお参りし、
古座間味ビーチで初潜りをしてきました。

たくさんの海の仲間たちに、あいさつしてまわりましたが、
中でも、とびきりの笑顔で迎えてくれたのが、
サザナミフグでした。

今年も笑顔で、元気にがんばりましょう。

«ビーチクリーン2017