2017年6月13日 (火)

大方洋二さんの写真絵本

20170613

2017年6月13日・中潮

水中写真界の大先輩・大方洋二さんの写真絵本
さがして あそぼう! かくれる いきもの しゃしんえほん
『どこにいるかな? うみのさかなたち』が発売されました。

海の生きものが、
すんでいる環境に色などを似せて、うまく隠れているのを、
探して、見つける内容です。
なかなか手強いかくれんぼの達人もいます。

ぜひ、手に取って見てみてくださいね。
くわしくは、岩崎書店のHPをご覧ください。
http://www.iwasakishoten.co.jp/book/b278884.html

2017年5月17日 (水)

美ら海のなかまたち37・38・39・40・41

20170517a_2
関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海のなかまたち」の第37回(1月)は、
カナダ東部のタテゴトアザラシの赤ちゃんです。
流氷の上で生まれた赤ちゃんの成長の様子や
お母さんとの絆を紹介しています。
 
20170517b
「美ら海のなかまたち」の第38回(2月)は、
冬のサイパンに集まるマダラトビエイです。
群れの様子や求愛行動を紹介しています。
 
20170517c
「美ら海のなかまたち」の第39回(3月)は、
沖縄のサザナミフグです。
好物の話や昼寝の様子を紹介しています。
 
20170517d
「美ら海のなかまたち」の第40回(4月)は、
オーストラリア・コーラルベイのジンベエザメです。
この海域になぜ集まるのかや
海での様子を紹介しています。
 
20170517e
「美ら海のなかまたち」の第41回(5月)は、
沖縄のアカシマシラヒゲエビです。
ウツボの口の中をきれいにしてあげる様子や
人の手にも乗ってくる話を紹介しています。

2017年1月19日 (木)

回復中

20170119a

2017年1月19日・小潮

座間味もようやく冬らしくなってきました。
海の中ではカクレクマノミが
イソギンチャクの触手にくるまって、ぬくぬくとしています。

20170119b

夏の高水温で白化してしまったイソギンチャクにも
水温の低下とともに褐虫藻が戻り始めています。
まんべんなく戻るのではなく、
部分部分に戻ってくるため、そばかすのようになっています。
時間がたつにつれ、うっすら広がり、なじんでいきます。

2016年12月31日 (土)

メタウォーター・カレンダー2017&美ら海のなかまたち35・36

20161231a

2016年12月31日・中潮

メタウォーターさんの企業カレンダーに
うみまーるの写真が今年も採用されました。
テーマは、「Smile with me!」
笑顔があふれる一年になりますように。

メタウォーターさんのHPは、下記をご覧ください。
http://www.metawater.co.jp/

20161231b

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海のなかまたち」の第35回(11月)は、
アメリカ西海岸のラッコです。
冷たい海に生きるラッコの
寒さに負けない工夫などを紹介しています。

20161231c

「美ら海のなかまたち」の第36回(12月)は、
沖縄のヒトスジギンポです。
表情豊かな暮らしぶりを紹介しています。

2016年12月30日 (金)

2017うみまーるムーンカレンダー全5種類

20161230

2016年12月30日・大潮

お知らせがすっかり遅くなりましたが、2017年のカレンダーが完成しています。
2016年版と同じラインナップですが、
ミニカレンダーの『Smile』は、アシカだけでなく、
いろいろな海の生きものたちで構成しました。

今回も、自然やいのちのすばらしさが伝わるよう、心を込めて作りました。
日々の暮らしの中で、心和んだり、元気になったりしてもらえたら、うれしいです。

ぜひ、手に取って、中を見てみてください。
水族館や書店、沖縄のお土産物店やホテル売店、応援店などで販売中です。

くわしくは、HPの商品取扱店のページをご覧ください。
http://www.umima-ru.com/agency.html

カレンダーの中身は、Amazonのサイトでも見ることができます。

2016年10月30日 (日)

ラジオ深夜便 11月号

20161030

2016年10月30日・大潮

10月18日発売のNHK『ラジオ深夜便』11月号のカラー特集で、
ウミガメ研究の第一人者・亀崎直樹さんが
「アカウミガメ 太平洋横断の旅」と題して、
アカウミガメの生態が解明されてきた歴史や、
子ガメがどのようにして成長していくかなどを
7ページにわたって、写真と文で紹介しています。

その最初の見開き2ページを
うみまーるが撮影したダイバーに見守られて泳ぐアカウミガメのメスの写真が
飾っています。

ぜひ、ご覧ください。

2016年10月20日 (木)

ダイバー10月号

20161016

2016年10月20日・中潮

9月10日発売の『ダイバー』10月号で
「島の、たのしみ。」という特集があり、
うみまーるの写真と文で3ページにわたって
座間味島を紹介しています。

ウミガメやカエルウオなどの海の生きものたちや
島の風景などの写真が掲載されています。

ぜひ、ご覧ください。

2016年10月15日 (土)

毎日新聞

20161015

2016年10月15日・大潮

毎日新聞大阪本社版の夕刊で、10月3日と10月5日の2回に分けて、
サンゴ白化の記事が掲載されました。

1回目は、
そもそもサンゴとはどんな生きものなのか?から始まり、
「白化」とは何なのかなど、
この夏のサンゴの変化の写真とともに
分かりやすく解説しています。

2回目は、
サンゴに暮らす生きものたちが、
サンゴの白化によって、
どんな生活を強いられているかなど
懸命に生きる小さな生きものたちの姿を、
写真と文で綴っています。

ぜひ、ご覧ください。

2016年10月 9日 (日)

美ら海のなかまたち 31

20161009a

2016年10月9日・小潮

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海のなかまたち」の第31回(7月)は、
沖縄のコブシメ(イカの仲間)です。

イカと言えば、
スミを吐くことや、体色を変えることが有名ですが、
そんな技を使って、どんな風に敵の目をくらませるかなどを
紹介しています。

20161009b

連載第32回(8月)は、
沖縄のムラサキオカヤドカリです。
ビーチのヤドカリは、ときどき行列をつくることがあるのですが、
それは何をしているのかなどを紹介しています。

20161009c

連載第33回(9月)は、
沖縄のソウシハギです。
枯れ葉と一緒に水面を漂うソウシハギの子ども。
風に吹かれて、岸へと流され、
ビーチに打ち上げられそうになった時に、
どのようにして危機を脱したかなどを紹介しています。

20161009d

連載第34回(10月)は、
沖縄のピグミーシーホースです。
すみかのイソバナに隠れるのが上手なピグミーシーホースを
見つけるコツなどを紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

2016年10月 8日 (土)

座間味島フォトコンテスト

20161008a


20161008b


2016年10月8日・小潮

毎年11月の『座間味島ファン感謝月間』に審査結果が発表される
座間味島フォトコンテストの締切が10月31日と迫ってきました。
今年は、うみまーるもゲスト審査員として参加します。
どしどしご応募ください。

詳細は座間味島ダイビング協会HPのフォトコンのページをご覧ください。
http://zamami-diving.la.coocan.jp/photocontest/index.html

«パンプキン 8月号