2016年8月 6日 (土)

パンプキン 8月号

20160806

2016年8月6日・中潮

7月20日発売の『パンプキン』8月号では
「癒しの海へ」と題するフォト&エッセーを、
カラー6ページにわたって、座間味を中心に海の仲間たちを紹介しています。
巻頭の「ほほえみの時間」というページでも
楽しげなオーストラリアアシカの子どもたちを紹介しています。
ぜひ、手にとって見てください。

2016年7月23日 (土)

3D サマーカード

20160722


2016年7月23日・中潮

いろいろなグリーティングカードを制作しているイーズプロダクツから
うみまーるの写真を使った3Dサマーカードが発売されました。

カクレクマノミとオーストラリアアシカの2種類です。
立体的に見えるので面白いです。

全国の東急ハンズやプラザスタイル、ロフト、書店などの
グリーティングカード売り場で販売されています。
ぜひ、手に取って見てみてくださいね。

2016年7月18日 (月)

大方洋二さんの写真集と写真絵本

20160717

2016年7月18日・大潮

水中写真界の大先輩・大方洋二さんの写真集『奄美 生命の鼓動』と
しゃしんえほん『うまれたよ! くまのみ』が発売されました。
古希をすぎて、ますます活動的な大方さんです。

『奄美 生命の鼓動』は、
海底のミステリーサークルが、
実は新種のフグの産卵床だったという発見の物語と、
産卵床づくりから、求愛、卵の世話、そして仔魚の誕生という
アマミホシゾラフグの子育ての物語から始まって、
奄美の海のいろいろな生きものたちの暮らしぶりが次々と紹介されていきます。
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062201025

『うまれたよ! クマノミ』は、
座間味の海のトウアカクマノミの子育ての様子を
小さな子どもにもわかるように、やさしく紹介しています。
http://www.iwasakishoten.co.jp/book/b217498.html

ぜひ、手に取って見てみてくださいね。

20160718

ちなみに上の写真は、ちょうど4年前の2012年7月18日に、
大方さんとニシバマに行った時のものです。
水深5mの根まで素潜りでさっと潜って撮影する大方さん。
年齢を感じさせない若々しさです。
自分たちも生涯現役でいきたいなと思わせてくれる憧れの人です。

2016年6月20日 (月)

家庭画報 7月号

20160619

2016年6月20日・大潮

6月1日発売の『家庭画報』7月号で
「海の万華鏡」と題して、グラビア6ページで
座間味の海の生きものたちを紹介しています。
ぜひ、手にとって見てください。

2016年6月18日 (土)

美ら海のなかまたち 28

20160618a

2016年6月18日・大潮

沖縄は梅雨明けして晴天が続いています。
いよいよ夏本番です。

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海のなかまたち」の第28回(4月)は、
沖縄のアカネハナゴイです。

オスが美しさを競うアピール合戦や、
オスに対するメスの態度などを紹介しています。

20160618b

連載第29回(5月)は、
バハマ諸島のハンドウイルカです。
餌のとり方や子育ての仕方を紹介しています。

20160618c

連載第30回(6月)は、
南アフリカのケープペンギンです。
住宅地のすぐ近くにすむペンギンの暮らしぶりを
紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

2016年3月30日 (水)

美ら海のなかまたち 世界編

20160326b

2016年3月30日・小潮

関西で朝日新聞を購読されている方に
毎月配られるカレンダー裏面の連載コラム
「美ら海のなかまたち」は、
2016年からは「世界編」となって続いています。
トップバッターは、とてもフレンドリーで遊び好きのオーストラリアアシカです。
海外と沖縄の海の生きものを半々くらいで紹介していきます。

20160326a

2015年12月は、
模様が笑顔のように見えるウルトラマンホヤ(通称)。

20160326c

2月は、
ウミガメの仲間のタイマイ。

20160326d

3月は、
バハマで出会ったニシレモンザメを紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

2016年1月 1日 (金)

水中ストロボ YS-D2 うみまーるバージョン

20160101c

2016年1月1日・小潮

SEA & SEAの水中ストロボ「YS-D2」に
ミナミハコフグのイラストがデザインされた
うみまーるバージョンが登場しました。

20160101a

スイッチを入れると、
ストロボ背面の操作パネルが光で浮かび上がって、
暗いところでも見やすく、
細かな光量調整なども簡単にできます。

20160101b

年末に届いたので、
早速、海の中で使ってみました。
大きな岩の片隅でおしくらまんじゅうをしていたウルトラマンホヤを
ソフトな光で、ふんわり描写できました。

水中ストロボ YS-D2 うみまーるバージョンの詳細については、
SEA & SEAのHPのストロボのページをご覧ください。
http://www.seaandsea.co.jp/products/strobe/ysd2/

2015年12月30日 (水)

ビーチクリーン

20151230a_2

2015年12月30日・中潮

今朝は、今年最後のビーチクリーンでした。
今年は、うみまーるの2人で、
阿真ビーチを103回ビーチクリーンして、
541.94kgのゴミを拾いました。

ビーチに進出してきた外来植物の
クリノイガやシロノセンダングサの問題にも取り組み、
10回で、57.14kgを駆除しました。

その成果もあってか、
グンバイヒルガオの葉っぱが青々としていて元気です。

20151230b

ハマグンボー(ハマボウフウ)も小さな芽を出しています。
座間味島では、阿真ビーチにしか生息していない
全国的にも自生地が減少している希少種です。
元気に育ってほしいです。

2015年12月 9日 (水)

メタウォーター・カレンダー2016

20151209


2015年12月9日・中潮

メタウォーターさんの企業カレンダーに、
うみまーるの写真が今年も採用されました。
毎年好評とのことで、
今年は新たに卓上カレンダーも加わりました。

今年のテーマは、「ともに生きる」。
アオウミガメとコバンザメのように種は違えど、
一緒に暮らしている生きものや、
仲間同士の絆の強いオーストラリアアシカなどが、
登場します。

メタウォーターのHPは、下記をご覧ください。
http://www.metawater.co.jp/

2015年11月24日 (火)

2016うみまーるムーンカレンダー全5種類

20151124a


2015年11月24日・中潮

座間味はファン感謝月間で盛り上がっています。
天候も十月夏小(ジュウグヮチナチグヮー)と呼ばれる
旧暦10月の暖かい日が続いていて、気持ちいいです。
日本風に「小夏日和」と呼ばれることもあります。

ところで、お知らせが遅くなりましたが、2016年のカレンダーが完成しています。
2015年版と同じラインナップですが、
海外からのお客さんが増えているので、中判カレンダーには英訳も付けました。

今回も、自然やいのちのすばらしさが伝わるよう、心を込めて作りました。
日々の暮らしの中で、心和んだり、元気になったりしてもらえたら、うれしいです。

ぜひ、手に取って、中を見てみてください。
水族館や書店、沖縄の土産物店やホテル売店、応援店などで販売中です。

くわしくは、HPの商品取扱店のページをご覧ください。
http://www.umima-ru.com/agency.html

カレンダーの中身は、Amazonのサイトでも見ることができます。
左に表示されるカレンダーの画像をクリックしてください。

20151124b

商品取扱店のひとつである新江ノ島水族館からは、
素敵にディスプレイした展示写真をいただきました。

「えのすい」(新江ノ島水族館)では、今、
クリスマスクラゲショーなど神秘的なイベントもやっているみたいですよ。
関東にお住いの方は、ぜひ、「えのすい」に遊びに行ってみてくださいね。
水族館を楽しまれた思い出とともに、
カレンダーもお持ち帰りいただけたら、とてもうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。
http://www.enosui.com/

«美ら海のなかまたち 23